子供部屋はいつから欲しがる?一人部屋はいつからあれば勉強でいい影響がある?

MENU

子ども部屋を作るベストタイミングは?

子供部屋 いつから 欲し が る

小さな子供がいると、いつごろ子ども部屋を作ったほうがいいのかな?

 

そんなことを思いますよね。

 

自分の部屋があったほうが集中して勉強もできるし、
片付けや掃除を覚えたりとメリットも多いです。

 

 

子ども部屋を作るメリット

子供部屋 いつから 欲し が る

  • ・プライバシーの確保
  • ・勉強する空間の確保
  • ・ものを片付ける習慣ができる

 

子ども部屋を作るメリットは、上記の3つが考えられます。

 

子供も一人の人間ですから、一人になりたいときはあります。

 

そんなときに自分の部屋があれば、一人になれますし、
プライバシーを確保できます。

 

また、小学校でも学年が上がるにつれて、
少しずつ勉強が難しくなっていきます。

 

それを考えると、早めに子ども部屋を作ることは大事ですよね。

 

集中して勉強できますし、
参考書や問題集を置いておけますしね。

 

また、自分の部屋があれば、
そこをきれいに保とうとするようになります。

 

自然と整理整頓や片付けを覚えます。

 

やはり子供に自分の部屋を作ることはメリットが大きいと感じますよね。

 

↓  ↓  ↓

 

 

 

子ども部屋を作るときの注意点

 

  • ・テレビやスマホのルールを作る
  • ・鍵はつけない
  • ・部屋の掃除は子供にやらせる

 

ただし、子ども部屋を作るデメリットもあります。

 

テレビを部屋で見過ぎたり、ゲームをやりすぎたり、
とルールを作らないとやりたいことを好きなだけやる可能性もあるので、
そこは注意が必要です。

 

また部屋に鍵がかけれるようにしてしまうと、
ずっと部屋から出てこないこともあるかもしれないので、
鍵をつけるのもやめたほうがいいでしょう。

 

万が一、ひきこもられたら大変ですからね。

 

そして、部屋の掃除は子供本人にやらせてください。

 

自分のことは自分でやるということを、
小さい頃から教えてあげてください。

 

子供の部屋に入ったときに汚いなと感じたら、
掃除機をかけたり、本を片付けたりしたくなると思いますが、
そこはぐっとこらえて子供本人にやらせてください。

 

こどもの自立心を養ってあげてくださいね。

 

↓  ↓  ↓

 

 

ベストは小学校高学年

 

子供部屋を作ってあげるベストなタイミングは、
小学校高学年です。

 

なぜなら、このあたりから勉強もぐっと難しくなっていきますし、
思春期を迎えていって、
1人の時間がほしいと感じている子供は増えているからです。

 

親に隠れてこっそり何かをやりたいことも、
子供にはあるということですね。

 

筋トレなどの努力をしている姿を見られるのが嫌いなお子さんもいますので、
思春期当たりで作ってあげたいですね。

 

自宅に空き部屋がある場合はいいですが、
増改築をして部屋を作る際には、できるだけ情報を集めて作ってください。

 

建築会社もピンきりで、手抜き工事をするところもありますし、
こだわって作ってくれるところもあります。

 

最近ではローコストで作ってくれるところもありますので、
興味のある方はまずはチェックだけでもしてみることをおすすめします。

 

↓  ↓  ↓